できるだけ歯を残したい~根管治療~

  • ホーム > 
  • できるだけ歯を残したい~根管治療~

進行した虫歯を抜かずに残すために~根管治療~

進行した虫歯を抜かずに残すために~根管治療~

虫歯が進行して歯髄(歯の神経や血管)にまで達すると、神経が細菌に感染するので、根管(歯の根を通る細い管)から虫歯菌に冒された組織を抜き取らなくてはなりません。歯髄を抜き取って根管をきれいに洗い流し、薬剤を詰める治療を「根管治療」と呼びます。

根管は細く入り組んだ形状をしており、肉眼では確認しづらいため、根管治療の成功率は一般的にあまり高くありません。さらに、根管内部の細菌を肉眼で確認することは不可能です。和光市の歯医者「ひかり歯科クリニック」では、精度の高い治療を実現するため、拡大鏡(サージテル)と細菌の嫌気性培養を採用しています。

拡大鏡
(サージテル)
病院の外科手術でも用いられる拡大鏡で、患部を最大10倍まで拡大することができます。一般的な拡大鏡(2~3倍)に比べ、多くの視覚情報を得ることができ、治療の精度向上に貢献します。
嫌気性培養 ひかり歯科クリニックでは酸素が入らない特殊な環境下で根管内の細菌を培養できる、「嫌気性培養装置」を導入しています。肉眼では確認できない根管内の細菌の有無が確認でき、有効な薬剤の判定が可能になります。
嫌気性培養

これらによって成功率の高い根管治療が実現できます。進行した虫歯にお悩みの方は、一度ご相談ください。

根管治療の流れ

【1】根管内の清掃、根管の長さ測定

【1】 根管内の清掃、根管の長さ測定

局所麻酔をかけ、機械設備や高周波、薬剤などの方法を駆使し、根管内の組織や細菌を取りのぞきます。また、専用の器具で根管の長さを測定します。

【2】嫌気性培養、薬剤による洗浄

【2】 嫌気性培養、薬剤による洗浄

酸素が入らない特殊な環境下で細菌を培養する「嫌気性培養」で、根管内の細菌の有無確認や最も有効な薬剤の判定を行います。効果の見込まれる薬剤を使用することで、治療の成功率を向上させます。

【3】薬剤の充填

【3】 薬剤の充填

根管の先端まで、しっかりと薬剤を充填します。充填後はデジタルレントゲンで、空間ができていないか確認します。

【4】被せ物(クラウン)の装着

【4】 被せ物(クラウン)の装着

根管治療で神経を抜いた歯はもろくなるので、土台(コア)を挿入して強度を確保します。そのうえから被せ物を装着し、歯の機能をおぎないます。

根管治療後の歯を守るメインテナンス

根管治療後の歯を守るメインテナンス

根管治療を受けた歯は、健康な歯に比べるともろくなるという特徴があります。被せ物が虫歯になることはありませんが、歯の根の部分は虫歯が再発する可能性があります。神経がないと痛みを感じないので、虫歯の再発や進行になかなか気づくことができません。歯周病にも注意が必要です。

せっかく時間をかけて治療した歯を長く保つには、定期的なメインテナンスが必要です。歯科医院による定期検診や専門的なクリーニングを、うまく活用しましょう。

ラバーダム防湿法

ラバーダム防湿法

根管治療では、根管内をできる限りきれいに清掃しなくてはなりません。治療中、患部に唾液や血液が付着すると、そこに含まれる細菌で根管内が汚染される怖れがあります。ひかり歯科クリニックではそれを防ぐため、症例によって根管治療に「ラバーダム」というゴム製のシートを用いており、患部以外の場所をおおいながら治療を進めます。

ラバーダム防湿法のメリット
メリット1 唾液や血液の混入防止
細菌の含まれる唾液や血液が患部に付着することを防ぎ、再治療のリスクを低減します。
メリット2 誤飲の防止
薬剤が患部以外に漏れることを防ぎ、治療に用いる小型の器具の誤飲も防止します。
メリット3 作業性の確保
ラバーダムから患部のみを露出させることで作業性が確保でき、精度の高い治療につながります。唇を押さえる必要もありません。

セカンドオピニオンに対応します

ひかり歯科クリニックでは他院で受診した根管治療についてのセカンドオピニオンに対応いたします。お困りのことがありましたらお気軽にご相談ください。

進行した虫歯も諦めないで ひかり歯科クリニックのご予約はこちら