歯を失った方へ~入れ歯・ブリッジ・インプラント~

  • ホーム > 
  • 歯を失った方へ~入れ歯・ブリッジ・インプラント~

失った歯の機能をおぎなう選択肢~入れ歯・ブリッジ・インプラント~

失った歯の機能をおぎなう選択肢~入れ歯・ブリッジ・インプラント~

「歯が抜けたけど、人から見えない位置だからまあいいか」などという人がいますが、歯を失った場合、すぐに歯科医院で失った歯の機能をおぎなう補綴(ほてつ)治療を受けましょう。

歯並びや咬み合わせは、周囲の歯の支えや舌、頬から受ける力など、多くの要素が複雑に絡み合って成り立っています。そのため、虫歯や歯周病、事故によって失った歯を放置しているとバランスが崩れ、歯並びや咬み合わせ全体が大きく乱れて、多くのリスクを抱える原因となります。

失った歯を放置すると生じるリスク
  • 咬み合う歯が伸びてくる
  • 失った歯の両隣の歯が傾いてくる
  • 咬み合わせや歯並びが乱れる
  • 顔の輪郭が崩れる
  • 発音が難しくなる
  • 身体のバランスが崩れ、肩こりや頭痛、顎関節症に
  • 歯並びの乱れでブラッシングが行き届きにくくなり、歯周病や虫歯のリスクが増す
  • 食べ物が咬み砕きにくくなり、内臓への負担が増す
  • 咬む回数が減るので、唾液の分泌量が減り、口腔内環境が悪化
  • 咬むことによる脳への刺激が減るので、認知症のリスクが増す

歯を失ったまま放置すると、これらの影響によって健康な歯まで失ってしまうかもしれないので、早めに歯科医院を受診しましょう。和光市の歯医者「ひかり歯科クリニック」では、インプラント治療や高機能な入れ歯など、さまざまな補綴治療の選択肢をご用意しています。

歯を失った際の選択肢

失った歯をおぎなう補綴治療の選択肢には、大きくわけて「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント治療」の3つがあります。

入れ歯(義歯)

入れ歯(義歯)

取り外しが可能で、多くの歯を失った症例でよく使用される補綴物です。健康保険が適用されるタイプだと治療費が安価ですが、違和感や痛みを覚える人も少なくありません。咬む刺激が顎の骨に伝わりにくいので、顎の骨が痩せやすく、徐々に合わなくなってきます。合わない入れ歯は痛みや口腔疾患の原因となります。

近年は自費診療の入れ歯も多数登場しており、見た目が自然で、違和感や痛みを覚えにくいタイプが増えてきました。ひかり歯科クリニックでは審美性と機能性を追求した「BPSデンチャー」やバネの目立たない「エステショットデンチャー」などをご用意しています。

ブリッジ

ブリッジ

連結タイプの固定式補綴物で、歯を失った両脇の歯を削り、そこに被せるようにして装着します。固定式なので入れ歯よりも安定しています。症例によっては健康保険も適用されます。ただし健康な歯を削らなくてはならず、食べかすがつまると虫歯や歯周病の原因となるかもしれません。歯が抜けた部分の顎の骨には咬む刺激が伝わらず、徐々に痩せていく可能性があります。

インプラント治療

インプラント治療

歯を失った部分の顎の骨にインプラント(人工歯根)を埋め込み、人工歯を被せる治療法です。骨に固定されているのでしっかりと咬むことができ、セラミック製の人工歯を使うので、見た目も自然です。

補綴治療の比較表

この比較表では保険診療の入れ歯を想定していますが、近年は機能性や審美性の高い、自費診療の入れ歯も多数登場しています。

  メリット デメリット
入れ歯
  • 治療費が安価
  • 周囲の健康な歯を削らなくてよい
  • 治療期間が短い
  • 違和感を覚えやすく、見た目も劣る
  • 発音しにくい
  • 咬む力が伝わりにくい
  • ずれたり外れたりすることがある
  • 食べ物がはさまると痛い
  • 顎の骨が痩せやすい
ブリッジ
  • 入れ歯に比べ、見た目が自然
  • 固定式なので、比較的咬みやすい
  • 治療期間が短い
  • 健康な歯を削り、負担をかける
  • 発音しにくくなることがある
  • 食べ物がはさまりやすい
  • 顎の骨が痩せやすい
インプラント治療
  • 見た目も咬み心地も自然
  • ずれない、外れない
  • 周囲の健康な歯に負担をかけない
  • 外科的手術が必要
  • 自費診療なので、治療費が高額
  • 骨との結合を待つので、治療期間が長期間
  • 全身疾患があると、治療が受けられないことがある
  • ネジが外れてしまうことがある
  • 治療のリカバリーが困難
  • メインテナンスが必要

入れ歯の悩みを解消します

入れ歯の悩みを解消します

ひかり歯科クリニックはヨーロッパで開発された「BPSデンチャー」という、非常に精度の高い入れ歯を採用しています。従来の入れ歯に比べて咬む力が伝わりやすく、痛みやズレが生じにくい入れ歯です。見た目も自然で、これまでの入れ歯に不満をお持ちの方にもおすすめです。

BPSデンチャーがぴったりフィットする理由

通常の入れ歯の製作では型取りを一度しか行いませんが、BPSデンチャーでは複数回の型取りを行います。静止した状態だけでなく、顎や筋肉の動きも含めて型を取っていきます。

BPSテクニカルメンバー(BPS公認歯科技工士)の立会いのもとで咬み合わせ、発音、人工歯の色や形、位置などもしっかりと確認。お口は「咬む」「飲み込む」「話す」などの動作をともなう器官なので、静止した状態だけを型取りしてつくると、動かすときにズレが生じてしまいます。動く際の形状を想定してつくられたBPSデンチャーはフィット性が非常に高くなり、咬みやすく痛くない、外れにくい美しい入れ歯になるのです。

BPSデンチャーで人生が変わります

BPSデンチャーがぴったりフィットする理由

ひかり歯科クリニックは、BPSデンチャーシステムを開発したイボクラール ビバデント社(リヒテンシュタイン公国)の公認を受けている歯科医院です。院長自ら同社の専門的トレーニングプログラムを受講し、公認を取得。新しい技術を取り入れるため、トレーニングプログラムには常に積極的に参加しています。院長は国内に数人しかいない、歯科医師を指導する同社の公認インストラクターに任命されています。

BPSデンチャー臨床紹介
診査

顎の骨と粘膜の状態を確認します。

  • 診査
  • 診査
仮印象

顎の骨と粘膜の仮の型を取ります。

  • 仮印象
  • 仮印象
仮咬合採取

咬み合わせの仮の高さを取ります。

  • 仮咬合採取
  • 仮咬合採取
咬合器

模型を製作し、咬合器という機械にセットします。

  • 咬合器
  • 咬合器
個人トレー

精密な型を取るためのトレーを製作します。

  • 個人トレー
  • 個人トレー
本印象

上と下の顎と粘膜の精密な型を取ります。

  • 本印象
  • 本印象
機能検査

顎の動きを検査し、顎関節と顎の位置を計測します。

  • 機能検査
  • 機能検査
最終閉口機能印象

口を閉じた状態の顎と粘膜の型を取ります。咬み合わせの高さと水平的な位置も決定します。

  • 最終閉口機能印象
  • 最終閉口機能印象
人工歯の配列と口腔内試適

BPSテクニカルメンバー(BPS公認技工士)がBPSデンチャー用の人工歯を模型上に並べ、完成に近い状態をつくります。患者さんのお口の中で咬み合わせ、審美性、唇や頬のふくらみを確認し、一緒に調整していきます。

  • 人工歯の配列と口腔内試適
  • 人工歯の配列と口腔内試適
完成

BPSデンチャーの完成です。イボカップという特殊な方法で収縮や変形を抑えており、プラスチックの気泡や臭いもなく、変色もほとんど起こりません。

  • 完成
  • 完成
装着

完成した入れ歯を患者さんのお口にセットします。大きくお口をあけても、ずれたり外れたりせず、安定しています。

  • 装着
  • 装着

歯を失ったらすぐにご相談を ひかり歯科クリニックのご予約はこちら