歯の痛みは早めに対処しましょう~虫歯治療~

  • ホーム > 
  • 歯の痛みは早めに対処しましょう~虫歯治療~

その痛み、もしかして虫歯のサイン?

その痛み、もしかして虫歯のサイン?

「歯が痛い」「最近冷たいものがしみる」といった症状は、虫歯の初期症状かもしれません。虫歯は虫歯菌という細菌が、糖分を栄養として取り込んで酸を排出し、それによって歯が溶かされる病気です。ごく初期の段階を過ぎると、歯を削って治療しなくてはなりません。「歯を削る」という処置は大きな負担となるため、虫歯治療を繰り返した歯にはダメージが蓄積され、寿命が縮むといわれています。

どれほど優れた歯科技工物や人工歯でも、天然歯にはかないません。大切なご自分の歯をいつまでも使い続けるためには、定期検診による早期発見・早期治療や、予防が重要です。少しでも心あたりのある方は、和光市の歯医者「ひかり歯科クリニック」にご相談ください。

虫歯の進行と治療方法

進行段階 症状 治療法
C0 ごく初期の虫歯で、歯の表面にあるエナメル質が、溶けはじめた状態です。痛みなどの自覚症状はまだほとんどなく、患部は白く濁って見えます。 正しいブラッシングや歯科医院によるフッ素塗布で、治る可能性があります。
C0
C1 エナメル質が溶かされ、穴があきはじめた状態です。冷たいものがしみることがあり、患部は茶色もしくは黒色に見えます。 虫歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めてその穴をおぎないます。
C1
C2 エナメル質の内側にある、象牙質にまで虫歯が進行した状態です。冷たいものだけでなく、甘いものもしみるようになります。 虫歯に冒された部分を削り、形を取ってつくった詰め物(インレー)でその穴をおぎないます。
C2
C3 象牙質のさらに奥にある、歯髄(歯の神経や血管)にまで虫歯が達した状態です。何もしていなくても、ズキズキと激しく痛みます。 根管(歯髄の通る細い管)から歯髄を抜き取る「根管治療」が必要です。型を取ってつくった被せ物(クラウン)で、機能をおぎないます。
C3
C4 歯の大部分が溶かされた、重度の虫歯です。神経が死ぬのでいったん痛みがなくなりますが、歯の根の先に膿がたまる(根尖病巣)と、再び激しく痛みだします。 ここまで進行すると、ほとんどのケースで抜歯が必要になります。抜歯後は入れ歯やインプラントといった補綴(ほてつ)治療で、失った歯の機能をおぎないます。
C4

歯の痛みはすぐに対処しましょう~虫歯治療~

削らない・痛くない虫歯治療

削らない・痛くない虫歯治療

一般的な虫歯治療では、虫歯菌に冒された部分を削り取る処置を行います。しかし一度歯を削ってしまうと元には戻らず、詰め物や被せ物と歯のわずかな隙間から虫歯が再発するリスクが高まることが指摘されています。

そこでアメリカ開発されたのが、「ドックズベストセメント」です。

ドックズベストセメントとは

ドックズベストセメントとは

ドックズベストセメントは、殺菌作用を持つ銅・鉄、そしてミネラルを主成分とした虫歯治療用の薬剤です。銅と鉄によって無菌化したうえでミネラルを充填することで、再石灰化を促して虫歯を治療します。

虫歯治療の流れ
今までの虫歯治療の流れ
  • 虫歯虫歯
  • 虫歯部分を完全に除去虫歯部分を完全に除去
  • 形成して歯型をとる形成して歯型をとる
  • 詰め物・被せ物で補う詰め物・被せ物で補う
ドックズベストセメントの流れ
  • 虫歯虫歯
  • タンパク分解液塗布タンパク分解液塗布
  • ドックズベストセメント塗布ドックズベストセメント塗布
  • 1年後、再石灰化完了1年後、再石灰化完了
PICK UP 再石灰化とは

ミュータンス菌(虫歯菌)が作り出す酸により溶け出てしまった歯のミネラル分を歯に取り戻す作用のこと。通常は、唾液の自浄作用によって再石灰化が行われていますが、糖分の取りすぎなどでこのサイクルが乱れたときには虫歯になってしまうのです。

ドックベストセメントによる再石灰化は無菌化した歯牙にミネラルを取り込むので、柔らかくなってしまった脂質も再石灰化し、治すことができるのです。

ドックズベストセメントのメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 重度の虫歯でも歯の神経を抜かずに済む
  • 歯を削る量が最小限に抑えられる
  • 歯へのダメージが少なく、歯の寿命が延びる
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 薬剤に抗菌効果があり、再発防止につながる
  • 健康保険が利かないため、費用が比較的高額
  • 条件によって適用できないケースがある

進行した虫歯を抜かずに残すために~根管治療~

進行した虫歯を抜かずに残すために~根管治療~

「根管治療」とは、歯髄(歯の神経や血管)にまで達した虫歯に対する治療法です。歯の内部を通る細い管(根管)から歯髄を抜き取り、消毒して薬剤を詰める処置を行います。根管治療が必要な歯は大部分が虫歯に溶かされていますが、歯の根の部分が残せるので、抜歯と比べると歯並びの乱れなどのリスクが低くなるというメリットがあります。

根管は細く入り組んだ形状をしているので、治療の成功には、高い技術力と丁寧な作業が欠かせません。ひかり歯科クリニックでは最善の努力をいたします。いくつもの工程があるので、通院回数も多くなります。できるかぎり根管治療が必要となる前に、虫歯を治療しましょう。根管治療をしていない天然歯にはかないません。

「歯がしみる」。もしかしてそれ、知覚過敏?

「歯がしみる」。もしかしてそれ、知覚過敏?

「歯がしみる」「痛い」という症状は虫歯のサインとして知られていますが、「知覚過敏」という可能性もあります。知覚過敏はエナメル質が薄くなったり、歯周病で歯ぐきが下がってエナメル質におおわれていない歯の根が露出したりすることで、歯の神経に刺激が伝わりやすくなる症状です。

咬み合わせの異常や、歯ぎしり、食いしばり(ブラキシズム)によって歯が削れたり欠けたりすると、知覚過敏になることがあります。知覚過敏は一時的なものというケースもありますが、原因によってはかんたんには治りません。ひかり歯科クリニックではコーティング剤を塗って刺激を抑えるといった処置のほか、咬み合わせの治療、ブラキシズムの改善法として、マウスピースの製作もおすすめしています。

歯の痛みには早めの対処を ひかり歯科クリニックのご予約はこちら